2013 活動

足立区 佐野地域学習センター 液晶実験

投稿日:

 

足立区 「佐野地域学習センター」様から、イベントのお誘いがあり、液晶実験を行って参りました。

 

ちなみにイベント前に、東京理科大学葛飾キャンパスの見学もしてきたのですが、建設されたばかりのキャンパスは驚くほどきれいでした。

とても過ごしやすそうで、本当に理科大か!?と思ってしまいます。

しかし、ビデオを見ると驚きのリュック率で、やはり理科大だな。と納得させられます。

 

・・・と前置きが長くなってしまいましたが、「佐野地域学習センター」は、様々なクラブ活動・ワークスクールなどの開催場所として利用されており、とても魅力的な施設でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板やポスターなども作っていただき、本当にありがとうございます!

 

実験教室には地域の子どもたちが15人参加してくださり、みんな元気でした!

 

下の写真は、私(二代目代表)が白衣を着て「ヒドロキシプロピルセルロースって覚えて言ってみよう!」と言っているところです。

 

 

 

 

 

 

 

それに対して、「大学生になったら覚えるからいいや」と言ってくれた子もいました。

確かにその通り。合理的で素晴らしいと思います!

 

他の部員はいつものポロシャツです!

 

 

 

 

 

 

 

地域の子どもたちと交流することができ、とても嬉しかったです!

また呼んでいただきたいです!

2013 理大祭(ガチ肉リターンマッチ)

投稿日:

 

ことしもやって来ました!ガチ肉祭!!

2年目のガチ肉ということで、部員も慣れ、看板も増えてます!

 

 

 

 

 

 

今年追加した新メニュー。

なんとラボ盛りです。

 

 

 

 

 

ラボ盛りとは・・・

 

 
ででーん

 

 

 

土鍋いっぱいのガチ肉です!!!

 

 

土鍋なので保温性もバツグン☆

複数人で食べるのに最適!研究室の飲み会にも最適☆

———–

最初、「売れるわけないよ」「1500円とかネタでも高いし」「流石にないわ」 などなど

多少の反対意見もあったものの・・・・

———–

 

なんと24杯も出ました!!! 皆さんありがとうございます!!

 

そんなこんなで・・・追加仕入れ、追加仕入れを繰り返し、どうにか売り切れを出すことなく、販売することが出来ました!

来年も?もしかしたらガチ肉やるので、是非食べに来てください!!

粘土工作会(キノコ)

投稿日:

ものづくりサークルCreateは女子部員も多く、

「紅茶とお菓子を食べながら、粘土できのこを作ろう!」

なんて言うカワイイ企画もやってしまいます☆

キャピ (・-<)v☆

 

紅茶と、お菓子(きのこの山)・・・

 

 

 

 

うっ・・・部室が汚い。

 

 

そもそも粘土でキノコを作ろうと思ったのは、

サワブミホさんの『粘土でつくるキノコ』という本を見つけたからです。

リアルなキノコが100均の紙粘土で作れるとのことで、本を買って試してみました。

 

しかし、そこはCreate・・・

なめこを作った後、粘土でご飯を”ちねり”だす部員(ターナー)もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、本の通りにキノコを作ってみました!

 

柄とつばを作って・・・

 

 

 

 

 

 

 

かさを作って・・・(裏のヒダヒダもちゃんと作ります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合体!!そして色塗り&イボ(ツボの破片)をつけて・・・

 

 

 

 

 

 

できたー!!

大好きな「ベニテングタケ」だ!!!(一番左はシイタケです)

 

菌類マニアとしてちょっと語ると・・・

ベニテングタケは担子菌の仲間です。また、イボテン酸やムッシモール、ムスカリンなどの神経系に作用する毒を含みますが、とても美味しいとされます。

なぜなら、イボテン酸は毒だけれど、グルタミン酸ナトリウムの10倍強い旨みがあるとされるほどの強い味覚成分でもあるからです。

美味しいのに毒、というか毒性分が美味しい、というのはなんともキケンな香りです。

 

 

 

 

これは他の部員が作った作品。

色塗らずに部室に放置されています。。

キリンビール工場見学

投稿日:

ものづくりサークルCreateでは、工場見学もしています!

今回は、取手のキリンビール工場さんにおじゃましてきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、昔実際に使用されていたビールの醸造釜です。

それから写真の男性(部員)が咥えているのは、ホップです。

 

 

 

 

 

 

ビールの原料となるホップを手に取って、香りをかぐことができます。(注:食べられません。)

なんとも言えないシゲキ的な香りでした!

 

他にも、発酵前の麦芽エキスを試飲させてもらったり、

ビール酵母に関する説明をしてもらってから、工場に向かいます。

 

きれいなライン!!!

 

 

 

 

 

 

瓶詰め機を通ってきた、中身入りビール瓶がいっぱい流れてます!

この後仕上げ検査機で、ビールの量や泡漏れなどのチェックをされ、ラベルを貼りへ・・・っていう感じでしょうか。

通路を歩きながらの見学でした。

 

ビールケースは上から降りてくるよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

また、グッドデザイン賞も受賞した「グランドキリン」の瓶を持たせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

一般的なビール瓶(330 ml容)の重さと比べると、驚くほど軽いです!

グラスに注がず瓶から直接飲むことを想定しているから、飲み口も広いです。

後日、実際にコンビニで購入して飲んでみましたが、飲みやすくてとてもおいしかったです!!

 

「氷結」の缶フィラーもありました!

写真じゃよく見えないけれど、缶がぐるぐる回りながら、遠心力で中身が充填されていきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして!工場見学の後は、嬉しい試飲です!

 

 

 

 

 

ひょー!!

写真は、一番搾り フローズン<生>のサンプルです!(飲むのに夢中で本物は写真撮るの忘れてしまいました)

ビールを注いでからまた別に、ソフトクリームの機械みたいなのから出てくる凍った泡を注いでもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

試飲は20分でグラス3杯まで。

おつまみのスナックつきで、氷結やソフトドリンクもありました。

 

私は、キリン一番搾りフローズン<生>と、ハートランドビールをいただきました。

おいしかった!!!

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでしたー!!

2013 リダイゴ

投稿日:

Createの部員がおそらく、一年で一番楽しみにしているイベント

「リダイゴ」に参加してきました!

 

 

 

 

 

行きのバス内でUNOをやるはしゃぎっぷり

 

「リダイゴ」とは、茨城県大子町にある「大子研修センター」で行われる、

東京理科大学主催の、子供向けの科学工作イベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年はホバークラフトで参加させていただきましたが、

今年は「液晶実験」と「プランクトンとツーショット」をさせてもらいました。

 

 

 

 

準備中・・・

 

 

ちなみにイベントを行ったこの「大子研修センター」は、

ガキの使い「絶対に笑ってはいけないスパイ24時!! 」や、

剛力 彩芽さんの「友達より大事な人」のPVにも使用されています。

 

 

 

 

 

きれいな施設!

 

 

イベント後は豪華な晩御飯をいただき・・・

 

 

 

 

 

ひょーっ!!!

 

 

UNO大会!

 

 

 

 

 

 

 

「ほうれんそうゲーム」とかもしました!

 

 

 

 

 

帰りはへとへとでした。

また行きたいなあ!

スポッチャオールナイト

投稿日:

スポッチャで徹夜しました!

 

 

バッティング!!

 

 

 

 

 

ロデオ!!

 

 

 

 

 

ビリヤード!!

 

 

 

 

 

ダーツ!!

 

 

 

 

 

 

ミニバイク!!

 

 

 

 

 

 

ボールプール!!

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しかった!!

2013 森の図書館「理科大生と水せいプランクトンの秘密にせまろう!」

投稿日:

 

 

 

 

 

 

流山市森の図書館 「森の学校」で、

「理科大生と水せいプランクトンの秘密にせまろう!」という

ボルボックスメインのイベントを行いました。

 

スライドでのボルボックスに関する授業の後、

みんなでボルボックス水槽&ストラップを作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

工作が終わったら、次はボルボックスとツーショット!!

飼育セットだけでなく、思い出のつまった写真も一緒に持ち帰っていただきました。

 

 

ちなみに・・・イベントの1カ月くらい後に、地元の駅で突然

「あ、ボルボックス!」

と声をかけられたことがありました。

 

このイベントに参加してくれた子が、私たちの顔を覚えてくれていたのです。

地元でイベントをやっていると、こういう嬉しいことがあるのですね!