粘土工作会(キノコ)

投稿日:

ものづくりサークルCreateは女子部員も多く、

「紅茶とお菓子を食べながら、粘土できのこを作ろう!」

なんて言うカワイイ企画もやってしまいます☆

キャピ (・-<)v☆

 

紅茶と、お菓子(きのこの山)・・・

 

 

 

 

うっ・・・部室が汚い。

 

 

そもそも粘土でキノコを作ろうと思ったのは、

サワブミホさんの『粘土でつくるキノコ』という本を見つけたからです。

リアルなキノコが100均の紙粘土で作れるとのことで、本を買って試してみました。

 

しかし、そこはCreate・・・

なめこを作った後、粘土でご飯を”ちねり”だす部員(ターナー)もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、本の通りにキノコを作ってみました!

 

柄とつばを作って・・・

 

 

 

 

 

 

 

かさを作って・・・(裏のヒダヒダもちゃんと作ります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合体!!そして色塗り&イボ(ツボの破片)をつけて・・・

 

 

 

 

 

 

できたー!!

大好きな「ベニテングタケ」だ!!!(一番左はシイタケです)

 

菌類マニアとしてちょっと語ると・・・

ベニテングタケは担子菌の仲間です。また、イボテン酸やムッシモール、ムスカリンなどの神経系に作用する毒を含みますが、とても美味しいとされます。

なぜなら、イボテン酸は毒だけれど、グルタミン酸ナトリウムの10倍強い旨みがあるとされるほどの強い味覚成分でもあるからです。

美味しいのに毒、というか毒性分が美味しい、というのはなんともキケンな香りです。

 

 

 

 

これは他の部員が作った作品。

色塗らずに部室に放置されています。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中