2012 液晶工作会 in 四街道こどもネットワーク

投稿日:

四街道こどもネットワークのイベントとして、液晶を使ったキーホルダーを作る工作会をしました!

今回の工作に使用したのは、日本曹達製のヒドロキシプロピルセルロースという試薬です。

飲み薬や食品にも使用される、とっても安全な薬品です!

 

 

 

 

工作の風景はこんな感じでした!↓

子どもたちの手元にある青いものが、「液晶実験セット」です。

この中で液晶の素であるヒドロキシプロピルセルロースに水を加えたり、

セッティングしてある紙コップにお湯を注いで、その中で液晶を温めて溶かしたりします!

 

 

 

これは液晶をお湯に浸けたまま、溶けるのを待っているところ。

 

まだかな?まだかなー?

 

 

 

 

 

待っている間は、液晶を入れるビンをキーホルダーにするため、ヒモを編んでもらいました。

 

 

 

 

 

.

.

.

ヒモを編みながら数十分待って、液晶をお湯から取りだします!

 

ヒドロキシプロピルセルロースが袋の中でちゃんと溶けていたら、きれいな虹色が見えるはず・・・!

実際に、子どもたちの作ってくれた液晶にもきれいな虹色が出ていて、大きな歓声が上がりました。実験が上手く行ったのでこちらも一安心。

 

できた液晶は、小さなビンに移していきます

 

 

問題:これは何をしているところでしょう?

 

 

 

 

 

 

答え:野菜の水切り器で、液晶をぐるぐる回しているところ! (みんなもすぐに答えが分かったよね!)

ビンに入れた液晶がはみ出してしまったら、こうしてビンごと水きり器で回して、液晶を中に押し込みます・・・

 

 

液晶をビンに詰めたら、かんせーい!!!

ヒドロキシプロピルセルロースを使った液晶は、こういう風に様々な色にキラキラ光ります。

温度によっても色が変わったりします。(青→緑→黄色→オレンジ)

(これくらいはっきりと色がつくには、実際には数週間かかります。)

 

 

 

 

そしてみんなで・・・

作った液晶キーホルダーと一緒にポーズ!

わーい!!!!

 

 

 

 

 

 

これからも、ものづくりサークルcreateは、色々な場所で日本曹達製のヒドロキシプロピルセルロースを使った工作会を行っていきたいと思います!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中